ダニ増殖抑制効果98.5%以上の防ダニシート

ダニについて

ダニは日本の環境が大好き!

日本の住居には一般的に20〜30種類のダニが生息していると言われ、アレルゲンになる塵性ダニ(チリダニ)はその中の90%近くを占めます。チリダニは温度25〜30度、湿度60〜80%の環境がもっとも繁殖に適しています。これは日本の生活環境そのものなので、ダニにも心地がいいのです。

ダニの繁殖スピード

ダニは動物の皮膚(フケ)や髪の毛、食べかすなどのゴミやカビなどをエサとしています。そして、ダニの寿命はおよそ100日で、卵から幼虫期を経て数回の脱皮をして成虫になるまで30日から40日かかります。メスダニは毎日数個の卵を産むので、数匹のダニが3ヶ月もすると数万匹へと爆発的に繁殖します。 そのため、ダニサルの防ダニシートはダニを産卵可能な成虫にまで成長させず、その繁殖を防ぐので、生きているダニはほとんどいなくなるのです。

ダニとアレルギー

最近、身近な問題として、ハウスダストからの各種アレルギー症状、たとえばアレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などに悩まされている方が非常に多くなりました。 ハウスダストとは、ペットや人皮膚(フケ)、ダニ、カビ、ほこりなどがまざったものですが、 ハウスダストの80%以上が「チリダニ(ヒョウダニ)」と呼ばれるゴミ性ダニの死骸や脱皮した殻、 そして糞がゴミ化したものをアレルゲンとするアレルギー症状であることが分かってきています。

それは、近代化されていく住宅の変化によって、高気密住宅が増えて、換気不良でダニ、カビが住み易い環境になった事や、冷暖房の普及のよって、一年中人間が快適な環境は、1年中ダニにとっても快適で、ダニが繁殖していく事が、一つの要因になっています。
ダニにとって快適な住みかは?

畳、カーペット、布団、布製ソファー、ベットマットの下、ペットのベットなどです。 布団やマットを天日に干しても、ダニを死滅しません。 真夏の炎天下に布団を干しても、表面温度で約50℃、内部は30℃程度です。 ダニは、50℃以上が20分ぐらい続くとほぼ死滅しますが、内部温度はそこまでは上がりません。 とくに、梅雨時や夏の間、押入れの中の布団や毛布は、高温、多湿で、ダニが繁殖するはもってこいの場所です。寒くなってきて、そのまま押入れから出して使うのはやめましょう。 前もって天日干しをして、掃除機をかける方法が効果的です。



防ダニシート ダニサルマット

ダニ増殖抑制効果98.5%以上! 新しいタイプの防ダニシート!
ダニを繁殖させない、 ダニサルマット登場!

商品のお問い合わせはこちら